一般社団法人日本文化デザインフォーラム 理事長 水野誠一 ご挨拶

21世紀に入り20年近い時が経ち、政治・経済・社会・文化など各分野で、いよいよ20世紀的な常識が通用しない時代になってきました。そこで一昨年来、六本木のイベントクラブ「Super Deluxe」で、「carpe diem=今を摘め」というテーマの下、全6回のトークイベントを開催いたしました。

「carpe diem=今を摘め」、これは、紀元前1世紀の古代ローマの詩人ホラティウスの詩に顕れる語句ですが、「一日の花を摘め」という意味、すなわち「今の瞬間を楽しめ」ということなのです。
過去も含めて、さらに未来もが、曖昧で朦朧たる現代だからこそ、「memento mori=死を忘れるな」という言葉と表裏一体の意味でも、今という視座を大切にする必要があると思うからです。

おかげさまで、このイベントはご好評を得て、三年目である2018年の今年も継続することになりました。
これからも、様々なスピーカーを招いて、世の中にたくさんの気づきを発信していきます。

私たちが目指す「デザイン」とは「広義のデザイン」を意味するものであり、「文化力」の具体的な展開ツールとして、社会の多様な問題解決に供することができるものと信じ、私たち会員も、今まで以上に原点に立ち戻り、活動のさらなる活性化を図ってまいります。

今後とも、格段のご支援をよろしくお願いいたします。

一般社団法人 日本文化デザインフォーラム
理事長 水野誠一

日本文化デザインフォーラムとは

一般社団法人 日本文化デザインフォーラム : 東京都港区赤坂6-15-12富岳ビル3F