JIDFラボ

JIDFラボ

ラボブログ TOP > 民族誌映像から新たな世界展望へ 活動一覧 > イベント > 「民族誌映像から新たな世界展望へ」ラボ 第2回開催のお知らせ

ラボマスター:大森康宏
ラボディレクター:佃一可、佐伯順子、土佐尚子

大森映画の会2016年第2回目のご案内です。

■ 開催日:8月27日(土)

第2回目は例年通り長野県飯縄高原セミナー・ハウス(ロッジ・ピノキオ)で行っている
総合研究大学院大学の映像制作実習プログラムのうち
8月27日土曜日「編集作品の上映と講評会」との合同会です。

今度の映像対象は「岡崎 基礎生物学研究所」です。

■ 参加費は無料です。但し夕食代実費。

ご参加される方は以下の情報を下記アドレスまでお送り下さい。
1:お名前  人数
2:セミナーハウスまでの交通について
   a 自家用車 b 長野駅で合流(15:00)
3:宿泊について
  a 不要(自分で調達を含む) b 会に任せる(近在のペンション) c セミナーハウス

■申込アドレス: issaan000@gmail.com

参考までに今年度の科学映像制作実習プログラム内容を記します。
【授業目的・概要】
学術研究における映像の活用は、研究対象の把握をより具体的にし、新たな観点から研究を見直すことにつながります。
また、研究を促進させてくれるだけではなく、最先端の研究成果を世界に示すうえでも重要な役割をもちます。
本講座の目的は(1)映像のリテラシー(映像を批判的に読み解き、使いこなすことのできる総合的な能力)を習得し、
それをもとに(2)映像の制作を自身の研究のなかに位置づけ、学術映像を完成させる能力を獲得することにあります。
この二つのリテラシーを体系的に習得し、学術研究に値する映像を制作していくなかでそれを実現します。

今年度設定プログラム
1.総合研究大学院大学の「学術映像の基本」として実施する、基礎生物学研究所の撮影と制作プログラム
2.参加者が自作の撮影済み映像を編集し、作品を制作するプログラム
場所:基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)および編集制作は長野県飯綱市セミナー・ハウス(ロッジ・ピノキオ)

以上、事務局 

民族誌映像から新たな世界展望へ 活動一覧 | イベント | Comments(0)

コメントをどうぞ

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>