活動内容

日本文化デザイン会議

'86 広島 テーマ「復・古・創・新-HIROSHIMA RENAISSANCE」
'86 広島
テーマ
「復・古・創・新-HIROSHIMA RENAISSANCE」


■会期 - 1986年10月16日(木)、17日(金)、18日(土)
■講師数 - 118名
■参加者数 - 約15,260名
シンボルマーク

議長 - 栄久庵憲司
副議長 - 末次攝子/福田繁雄
テーマ委員長 - 木村尚三郎
テーマ副委員長 - 榎本了壱
事業委員長 - 北本正孟/永畑恭典
広報委員長 - 草柳大蔵
渉外委員長 - 坂根進
制作委員長 - 粟津潔

国際都市ヒロシマを目指して様々なプロジェクトが進む中、新しい街づくりへの提案が数多くなされた会議でした。路面電車に乗ってのタウンウォッチング、「こども文化デザインかいぎ」、トップモデルたちによるファッションショーも開かれました。
また、広島の特産品を使ったオリジナルメニューを試食する会は大人気でした。金沢や札幌と同じように、地元ではこの会議の後、独自の文化デザイン会議をスタートさせました。