活動内容

日本文化デザイン賞

第5回 札幌 「インター思考の時代」(1984年)

 第5回 札幌 「インター思考の時代」 (1984年)


[授賞委員長] 栄久庵憲司
[授賞委員]  石井幹子
  犬丸直
  今藤政太郎
  黒川雅之
  高橋潤二郎
  田中一光
  野口瑠璃
  松村貞次郎
  山下和正
  山本七平

国際文化デザイン大賞

本田宗一郎 氏

[授賞理由]
「モノ」の心に接し、その心を世界の人々に伝えることによって、新技術の文化に大きな役割を果たした功績に対して。

日本文化デザイン賞

辻村ジュサブロー 氏

[授賞理由]
秀でた美的感覚と独特の作風により、日本古来の精神を現代人の美意識に産みかえ、統合させた数々の人形制作と舞台活動に対して。


藤原新也 氏

[授賞理由]
インドを起点に東洋全域を彷徨、写真と言葉でとらえたアジアの匂いを日本社会に突きつけ、現代文明の歪みに鋭く問いかける一連の創作活動に対して。

地域文化デザイン賞

さっぽり雪まつり実行委員会

[授賞理由]
北海道の大雪をロマンあふれる「白い彫刻」に蘇らせ、明るく楽しい「冬の祭典」として地域の暮らしに定着させた長年の功績に対して。


酒井藤吉 氏

[授賞理由]
城下町松本に世界最大の規模と内容をもつ日本浮世絵博物館を設立し、日本の伝統文化の拠点づくりに大いに貢献した功績に対して。

企業文化デザイン賞

マツダ株式会社

[授賞理由]
日本の伝統が有する多様な形や様式を紹介したマツダ・ブックスの刊行や、日本文化をテーマに海外へ向けて展開される意欲的な文化交流活動に対して。