活動内容

インターデザインフォーラム TOKYO 2019 VOL12
JIDF学生文化デザイン賞2019

インターデザインフォーラム TOKYO 2019 VOL11

インターデザインフォーラム TOKYO 2019 VOL10

インターデザインフォーラム TOKYO 2018 VOL9
JIDF学生文化デザイン賞2018

インターデザインフォーラム TOKYO 2018 VOL8

インターデザインフォーラム TOKYO 2018 VOL7

インターデザインフォーラム TOKYO 2017 VOL6

インターデザインフォーラム TOKYO 2017 VOL5

インターデザインフォーラム TOKYO 2017 VOL4

インターデザインフォーラム TOKYO 2016 VOL3

インターデザインフォーラム TOKYO 2016 VOL2

インターデザインフォーラム TOKYO 2016

インターデザインフォーラム TOKYO 2015

インターデザインフォーラム TOKYO 2014

インターデザインフォーラム TOKYO 2013

日本文化デザインフォーラム 2012 アートプロジェクト with 北本ビタミン

BS12TwellVでの番組『発想力学~トップクリエイターのアタマの中~』

里山のつどい・日本文化デザインフォーラム「自然学」プロジェクトin秦野

日印グローバル・パートナーシップ・サミット2011

日本文化デザイン会議 2010 アートプロジェクト with 北本ビタミン

InterFM「ほぼ週刊日本文化デザインフォーラムナイト」

JIDFフォーラム 3331 Arts Chiyoda

日本文化デザイン会議2009 アートプロジェクト in 北本市

日本文化デザイン会議2009 渋谷・青山プロジェクト

日本文化デザイン塾

三重プロジェクト

東京プロジェクト

金沢プロジェクト

東京文化計画

出版事業

インターデザインフォーラム TOKYO 2018 VOL9
/project/archives/others/css/111030.css

2018年11月16日(金)

INTER-DESIGN FORUM TOKYO 2018 VOL9


出てこい!スーパー・クリエイター!ハイパー・イノベーター!
今回の「Carpe diem 今を摘め」は、JIDF 学生文化デザイン賞ファイナリスト・プレゼンテーションです。
世界をもっとクリエイティブにするプロジュクトを応援します!テーマは自由!新たなイノベーションを創出するコンセプトの発表をします!
今考えている、進行している、プロジェクト、コンセプト、ワークを、まとめて募集。日本文化デザインフォーラム[JIDF]のメンバーが審査し、ファイナル・プレゼンテーターを6 人(組)を決定しました。
IDFT[Inter Design Forum Tokyo2018]の会場で、15 分間で発表。JIDFのメンバーによる最終審査で、グランプリ、準グランプリを決定いたします。そのプロジェクトを応援するためにグランプリには30万円、準グランプリには10万円を贈呈します。

いま、激しい勢いで世界は「個別化」と「グローバル化」が同時に進行している。対立的なこの二つの傾向が現代を覆い、劇的でしかも未来の見えない時代になった。
情報革命が進行することで世界は一つになったのに、国家も地域も個人も自己回帰を始めている。アメリカがそうであり、EUから離脱するイギリスも然りである。この状況を僕はハイパー・ネットワークの時代と言っている。このような時代に大切なのは世界を見渡す小さな「点」である。深く宇宙を極めた「個人」、世界に通じる「此処という場所」、そして、過去から未来を見通す「今という瞬間」こそが価値を持つ時代である。
これからも「今」を、「自己」をそして、「此処」を語り続けたい。

(黒川雅之)

■日時:
2018年11月16日(金)18:00 start
■会場:
スーパー・デラックス(東京都港区西麻布3-1-25 金谷ホテルマンションB1F)
■主催:
一般社団法人日本文化デザインフォーラム(JIDF)
■協賛:
株式会社博報堂/株式会社AOI Pro./
株式会社丹青社/大日本印刷株式会社/
株式会社テー・オー・ダブリュー/
株式会社ティー・ワイ・オー/
株式会社東北新社/凸版印刷株式会社/
株式会社乃村工藝社/株式会社ムラヤマ
■参加費(ドリンク+軽食付き)
前売 3,000円 当日 3,500円 学生1,000円
■予約お申込み: *11月15日(木)17:00〆切
日本文化デザインフォーラムホームページよりご予約下さい。
http://www.jidf.net/
■実行委員会/幹事会
水野誠一(理事長)
黒川雅之(代表幹事)
マリ・クリスティーヌ(副代表幹事)
中島信也(副代表幹事)
伊藤直樹/猪子寿之/榎本了壱/エバレット・ブラウン/大谷宗裕/十一代 大樋長左衞門(年雄)/坂井直樹/竹中直純/遠山正道/蜷川有紀/芳賀直子/マエキタミヤコ/松島正之/松平定知/宮本倫明
■事務局長
山本裕久

【登壇者プロフィール】

  • 桜井成美

    新潟県新潟市生まれ。長岡造形大学 視覚デザイン学科に在学中。物心ついた頃から人間観察が好きで、そのおかげもあり、人の心を動かすことができるモノやコトづくりが好きになりました。何かを作るときはいつも「ちょっとでも誰かをハッピーにする!」を大切にしています。

  • 丸山博子

    武蔵野美術大学在学。ボランティアとして参加した催事「活版TOKYO」で活版印刷の世界に魅了される。活版印刷コワーキングスペース「Printworks Studio」のインターンを経て、現在、活版印刷スタジオ「EASTTOKYO STUDIO」にて制作補助を務める。

  • 一戸 等

    御茶の水美術専門学校にて、「クリエイティブを利用した課題解決を目的としたビジュアルコミュニケーション」を研究。同研究内容と合わせグラフィックデザインを学び、クリエイティブディレクターを目指して勉強中。

  • 諏訪 葵

    東京藝術大学大学院美術研究科油画第五研究室に在学中。化学反応や物理的な現象を、人間が視覚的・体感的に受け取るための仕掛けや、それらと出逢うための関係性を構築する装置、場、空間などを制作。

  • 平出和也

    埼玉県川口市出身、21歳。大正大学3年次在籍。大学では放送や映像について学んでおり、仲間とともに企画をするところから映像制作を行う。授業外でもコンペ入賞を目標に自主映画を制作。現在はTVディレクターを目指し、日々精進している。

  • 守屋輝一

    1995年埼玉県生まれ。法政大学大学院システムデザイン専攻在籍。デザイン活動が、現代社会に内在する多様化・複雑化した問題に対して有効だと考え、クリエーション×テクノロジー×マネジメントの3つの領域を横断した総合デザインの視点から、プロジェクトに取り組む。

スーパー・デラックス

〒106-0031
東京都港区西麻布3-1-25 B1F

<交通アクセス>
=電車=
 ・日比谷線/都営大江戸線六本木駅3番出口より徒歩5分
=バス=
 ・新橋駅前から 都01/渋88 渋谷行、六本木6丁目バス停より徒歩30秒
 ・渋谷駅東口から 都01/渋88 新橋行、六本木6丁目バス停より徒歩1分
 ・渋谷駅東口から RH01 六本木ヒルズ行、六本木ヒルズバス停より徒歩4~5分
 ・五反田駅から 反96 六本木ヒルズバス停より徒歩4~5分

★専用駐車場はございませんので、周辺の駐車場をご利用ください。