活動内容

インターデザインフォーラム TOKYO 2019 VOL12
JIDF学生文化デザイン賞2019

インターデザインフォーラム TOKYO 2019 VOL11

インターデザインフォーラム TOKYO 2019 VOL10

インターデザインフォーラム TOKYO 2018 VOL9
JIDF学生文化デザイン賞2018

インターデザインフォーラム TOKYO 2018 VOL8

インターデザインフォーラム TOKYO 2018 VOL7

インターデザインフォーラム TOKYO 2017 VOL6

インターデザインフォーラム TOKYO 2017 VOL5

インターデザインフォーラム TOKYO 2017 VOL4

インターデザインフォーラム TOKYO 2016 VOL3

インターデザインフォーラム TOKYO 2016 VOL2

インターデザインフォーラム TOKYO 2016

インターデザインフォーラム TOKYO 2015

インターデザインフォーラム TOKYO 2014

インターデザインフォーラム TOKYO 2013

日本文化デザインフォーラム 2012 アートプロジェクト with 北本ビタミン

BS12TwellVでの番組『発想力学~トップクリエイターのアタマの中~』

里山のつどい・日本文化デザインフォーラム「自然学」プロジェクトin秦野

日印グローバル・パートナーシップ・サミット2011

日本文化デザイン会議 2010 アートプロジェクト with 北本ビタミン

InterFM「ほぼ週刊日本文化デザインフォーラムナイト」

JIDFフォーラム 3331 Arts Chiyoda

日本文化デザイン会議2009 アートプロジェクト in 北本市

日本文化デザイン会議2009 渋谷・青山プロジェクト

日本文化デザイン塾

三重プロジェクト

東京プロジェクト

金沢プロジェクト

東京文化計画

出版事業

インターデザインフォーラム TOKYO 2022 VOL19
/project/archives/others/css/111030.css

2022年3月10日(木)

INTER-DESIGN FORUM TOKYO 2022 VOL19


いま、激しい勢いで世界は「個別化」と「グローバル化」が同時に進行している。対立的なこの二つの傾向が現代を覆い、劇的でしかも未来の見えない時代になった。
情報革命が進行することで世界は一つになったのに、国家も地域も個人も自己回帰を始めている。アメリカがそうであり、EUから離脱するイギリスも然りである。
この状況を僕はハイパー・ネットワークの時代と言っている。
このような時代に大切なのは世界を見渡す小さな「点」である。深く宇宙を極めた「個人」、世界に通じる「此処という場所」、そして、過去から未来を見通す「今という瞬間」こそが価値を持つ時代である。
これからも「今」を、「自己」をそして、「此処」を語り続けたい。

(黒川雅之)

■日時:
2022年3月10日(木)18:30開演(18:00開場)
■同時配信:
URL https://youtu.be/JVjYrvT9UPQ
■会場:
LOFT9 Shibuya(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS)
■主催:
一般社団法人日本文化デザインフォーラム(JIDF)
■協賛:
株式会社博報堂/株式会社AOI Pro./
株式会社丹青社/大日本印刷株式会社/
株式会社テー・オー・ダブリュー/
株式会社ティー・ワイ・オー/
株式会社東北新社/凸版印刷株式会社/
株式会社乃村工藝社/株式会社ムラヤマ/感動創造研究所
■実行委員会/幹事会
水野誠一(理事長)
黒川雅之(副理事長)
中島信也(代表幹事)
榎本了壱(副代表幹事)
竹中直純(副代表幹事)
エバレット・ブラウン/大谷宗裕/十一代 大樋長左衛門(年雄)/コシノヒロコ/サエキけんぞう/庄野泰子/泊三夫/蜷川由紀/芳賀直子/蜂谷宗苾/マエキタミヤコ/マリ・クリスティーヌ/松島正之/松平定知/宮本倫明
■開会の辞
中島信也
■総評
水野誠一
■審査進行
中島信也
■事務局長
山本裕久

【登壇者プロフィール】

  • 酒井瑛一

    慶應義塾大学環境情報学部4年。インタラクティブアート制作チーム「ホシバナ」でシステム設計やシナリオデザイン等を担当している。チームでは、現実空間にゲーム表現を加えることで、体験者の日常にゲーム世界がインプットされるような、日常観が広がる作品づくりを目指している。

  • 若杉知哉

    1998年、大阪府堺市生まれ。京都工芸繊維大学でデザイン・マネジメント・エンジニアリングの3つの分野を横断的に学んだ後、同大学の大学院に進学してデザイン学を専攻している。課題解決方法としてのデザインに魅力を感じ、誰かの幸せの"きっかけ"になるようなデザイン制作を目標にしている。

  • 草間大迪

    1999年、群馬県高崎市生まれ。「何かを作りたい」という抽象的な目標から、金沢工業大学建築デザイン学科へ進学。地方創生を活動目的としている経営学科のプロジェクトへ参加し、人とまちのつながりに興味を持つ。建築感を養うだけでなく、まちと建築、人と建築についての研究をするため関西大学大学院へと進学。

  • 大吉悠介

    HAL東京グラフィックデザイン学科在学中。学校ではUIデザインやDTP、写真撮影など幅広く勉強している。中学生の時アーチェリーと出会い自己評価や人生が大きく変わった経験があることから、マイナースポーツへ高い関心がある。人の相談に乗ることが得意。座右の銘は「情けは人の為ならず」。

  • 山手健矢

    廃油の二次利用や光触媒の研究活動を行う大学院生。研究者になることを夢みて日々研究活動に取り組む。大学生時代から飲食店の排水溝に溜まる残渣物や油脂から発生する悪臭を改善する方法模索しており、SDGsの期限である2030年までに飲食店が排水溝の悪臭に悩まないような仕組みを作りたい。

  • 荻原悠真

    1997年群馬県生まれ。北海道大学建築都市コース4年在籍。建築を学ぶにつれてデザインすることの楽しさを知る。建築のほか、人類学や民俗学にも興味を持つ。現在は都市計画系の研究室に所属し、空き地・空き家等の活用方法を研究している。将来は公共建築の意匠設計に携わりたいと考えている。