活動内容

インターデザインフォーラム TOKYO 2019 VOL11
/project/archives/others/css/111030.css

2019年3月15日(金)

INTER-DESIGN FORUM TOKYO 2019 VOL11


いま、激しい勢いで世界は「個別化」と「グローバル化」が同時に進行している。対立的なこの二つの傾向が現代を覆い、劇的でしかも未来の見えない時代になった。
情報革命が進行することで世界は一つになったのに、国家も地域も個人も自己回帰を始めている。アメリカがそうであり、EUから離脱するイギリスも然りである。
この状況を僕はハイパー・ネットワークの時代と言っている。
このような時代に大切なのは世界を見渡す小さな「点」である。深く宇宙を極めた「個人」、世界に通じる「此処という場所」、そして、過去から未来を見通す「今という瞬間」こそが価値を持つ時代である。
これからも「今」を、「自己」をそして、「此処」を語り続けたい。

(黒川雅之)

■日時:
2019年7月19日(金)19:00開演(18:30開場)
■会場:
LOFT9 Shibuya(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS)
■主催:
一般社団法人日本文化デザインフォーラム(JIDF)
■協賛:
株式会社博報堂/株式会社AOI Pro./
株式会社丹青社/大日本印刷株式会社/
株式会社テー・オー・ダブリュー/
株式会社ティー・ワイ・オー/
株式会社東北新社/凸版印刷株式会社/
株式会社乃村工藝社/株式会社ムラヤマ
■参加費(ドリンク付き)
前売り3,000円・当日 3,500円 学生1,000円
■予約お申込み: *7月18日(木)17:00〆切
日本文化デザインフォーラムホームページよりご予約下さい。
http://www.jidf.net/
■実行委員会/幹事会
水野誠一(理事長)
黒川雅之(副理事長)
中島信也(代表幹事)
榎本了壱(副代表幹事)
竹中直純(副代表幹事)
エバレット・ブラウン/大谷宗裕/十一代 大樋長左衞門(年雄)/小杉幸一/坂井直樹/遠山正道/泊 三夫/蜷川有紀/芳賀直子/蜂谷宗苾/マエキタミヤコ/マリ・クリスティーヌ/松島正之/松平定知/宮本倫明
■開会の辞
水野誠一
■閉会の辞
黒川雅之
■司会
中島信也
■事務局長
山本裕久

【登壇者プロフィール】

  • 川越一磨

    東京生まれ。慶應SFC卒。料理人修行、大手飲食企業でホール勤務を経て、山梨県に移住。 株式会社コークッキングを起業、料理を使ったワークショップ等を展開。その後スローフード活動にも参画、一般社団法人日本スローフード協会理事就任。食の未来をつくるべく、フードシェアサービス「TABETE」の事業化に取り組む。

  • 辛酸なめ子

    東京生まれ、埼玉育ち。武蔵野美術大短期大学部グラフィックデザイン専攻出身。著書に「女子校育ち」「辛酸なめ子の現代社会学」「大人のコミュニケーション術」「魂活道場」、小説「ヌルラン」など。

  • 遠山正道

    株式会社スマイルズ 代表取締役社長 1962年東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、85年三菱商事株式会社入社。 2000年株式会社スマイルズを設立、代表取締役社長に就任。 現在、「Soup Stock Tokyo」他多数ブランドを展開。

  • 森村泰昌

    美術家。1951年大阪市生まれ。京都市立芸術大学卒業、同大学美術学部専攻科終了。1985 年より、セルフポートレイト手法による写真作品を作り続けるいっぽう、映像作品やパフォーマンスも制作。 一連の芸術活動により、2011年秋に紫綬褒章授与。2014年には「横浜トリエンナーレ2014」の芸術監督を務める。2018年秋、大阪北加賀屋に「モリムラ@ミュージアム」がオープンする。