活動内容

インターデザインフォーラム TOKYO 2019 VOL12
JIDF学生文化デザイン賞2019

インターデザインフォーラム TOKYO 2019 VOL11

インターデザインフォーラム TOKYO 2019 VOL10

インターデザインフォーラム TOKYO 2018 VOL9
JIDF学生文化デザイン賞2018

インターデザインフォーラム TOKYO 2018 VOL8

インターデザインフォーラム TOKYO 2018 VOL7

インターデザインフォーラム TOKYO 2017 VOL6

インターデザインフォーラム TOKYO 2017 VOL5

インターデザインフォーラム TOKYO 2017 VOL4

インターデザインフォーラム TOKYO 2016 VOL3

インターデザインフォーラム TOKYO 2016 VOL2

インターデザインフォーラム TOKYO 2016

インターデザインフォーラム TOKYO 2015

インターデザインフォーラム TOKYO 2014

インターデザインフォーラム TOKYO 2013

日本文化デザインフォーラム 2012 アートプロジェクト with 北本ビタミン

BS12TwellVでの番組『発想力学~トップクリエイターのアタマの中~』

里山のつどい・日本文化デザインフォーラム「自然学」プロジェクトin秦野

日印グローバル・パートナーシップ・サミット2011

日本文化デザイン会議 2010 アートプロジェクト with 北本ビタミン

InterFM「ほぼ週刊日本文化デザインフォーラムナイト」

JIDFフォーラム 3331 Arts Chiyoda

日本文化デザイン会議2009 アートプロジェクト in 北本市

日本文化デザイン会議2009 渋谷・青山プロジェクト

日本文化デザイン塾

三重プロジェクト

東京プロジェクト

金沢プロジェクト

東京文化計画

出版事業

インターデザインフォーラム TOKYO 2022 VOL20
/project/archives/others/css/111030.css

2022年7月15日(金)

INTER-DESIGN FORUM TOKYO 2022 VOL20


いま、激しい勢いで世界は「個別化」と「グローバル化」が同時に進行している。対立的なこの二つの傾向が現代を覆い、劇的でしかも未来の見えない時代になった。
情報革命が進行することで世界は一つになったのに、国家も地域も個人も自己回帰を始めている。アメリカがそうであり、EUから離脱するイギリスも然りである。
この状況を僕はハイパー・ネットワークの時代と言っている。
このような時代に大切なのは世界を見渡す小さな「点」である。深く宇宙を極めた「個人」、世界に通じる「此処という場所」、そして、過去から未来を見通す「今という瞬間」こそが価値を持つ時代である。
これからも「今」を、「自己」をそして、「此処」を語り続けたい。

(黒川雅之)

■日時:
2022年7月15日(金)19:00開演(18:30開場)
■会場:
LOFT9 Shibuya(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS)
■主催:
一般社団法人日本文化デザインフォーラム(JIDF)
■協賛:
株式会社博報堂/株式会社AOI Pro./
株式会社丹青社/大日本印刷株式会社/
株式会社テー・オー・ダブリュー/
株式会社ティー・ワイ・オー/
株式会社東北新社/凸版印刷株式会社/
株式会社乃村工藝社/株式会社ムラヤマ/感動創造研究所
■実行委員会/幹事会
水野誠一(理事長)
黒川雅之(副理事長)
中島信也(代表幹事)
榎本了壱(副代表幹事)
竹中直純(副代表幹事)
エバレット・ブラウン/大谷宗裕/十一代 大樋長左衞門(年雄)/コシノヒロコ/サエキけんぞう/庄野泰子/泊 三夫/蜷川有紀/芳賀直子/蜂谷宗苾/マエキタミヤコ/マリ・クリスティーヌ/松島正之/宮本倫明
■開会の辞
水野誠一
■閉会の辞
黒川雅之
■司会
中島信也
■事務局長
山本裕久

【登壇者プロフィール】

  • マエキタミヤコ

    コピーライター 、クリエイティブディレクター、環境活動家。2002年「環境広告サステナ」設立。「100万人のキャンドルナイト」「ほっとけない世界のまずしさ2005」「平和構築ひけし」。いしかわエコデザイン賞サービス領域部門審査員長。JIDF会員。東京コピーライターズクラブ会員。

  • 寺門孝之

    画家・神戸芸術工科大学教授。大阪大学文学部美学科およびセツ・モードセミナー卒。1985年 第6回日本グラフィック展大賞受賞。東京・神戸を拠点に、独自の天使画をはじめ、書籍装画、広告ポスター、絵本など幅広く活動。受胎告知画の天使と聖母の「間」の研究で博士号(芸術工学)取得。

  • 渡辺幸裕

    プロデューサー/ギリークラブ主宰サントリーで宣伝広告、広報、新規事業を学び、共にTV番組を企画した開高健からdukeと命名される。人と人を結ぶ案内人として独立し、各種企画をプロデュース中。大小催事を3,000回、コロナ禍以降リモート企画を400回実施、更なる可能性を追求中。

  • 堀木エリ子

    1987年SHIMUS設立。2000年現会社設立。「建築空間に生きる和紙造形の創造」をテーマに、オリジナル和紙を制作。和紙インテリアアートの企画、制作から施工までを手掛ける。10m以上の和紙を1枚で漉き上げる手法を独自で開発し、二次加工の技術によって機能や用途を広げている。

  • 原島 博

    2009年3月に東京大学を定年退職。定年後は女子美術大学(芸術)、明治大学(総合数理)、立命館大学(文学)の客員教授、古希を過ぎて東京大学に戻って2021年3月まで文理にまたがる大学院全学共通講義を担当した。これとは別に一般向けの個人講演会(HC塾)を東日本大震災の直後より毎月開いている。

  • コシノヒロコ

    大阪、岸和田生まれ。文化服装学院在学中よりキャリアを重ね、世界各地でコレクションを発表してきた。アーティストとしても活動し、2013年KHギャラリー芦屋を開設。2021年には兵庫県立美術館にて「コシノヒロコ展」。1997年第15回毎日ファッション大賞、2001年大阪芸術賞受賞。