活動内容

日本文化デザイン会議

'82 金沢 テーマ「あそびの再発見」
'82 金沢
テーマ「あそびの再発見」


■会期 - 1982年11月4日(木)、5日(金)
■講師数 - 81名
■参加者数 - 約10,000名
シンボルマーク

議長 - 草柳大蔵
副議長 - 粟津潔/朝倉摂
テーマ委員長 - 芳賀徹
事業委員長 - 小池一子/寺山修司
総務・広報委員長 - 馬場璋造/石井幹子
接遇・渉外委員長 - 栄久庵憲司/犬丸直
制作委員長 - 福田繁雄

成熟の時代への移行という流れを反映して、〈遊び〉が会議のテーマとして取りあげられました。加賀百万石の城下町として、伝統文化が今日に伝わる金沢にふさわしいテーマだったと言えます。
会場中央にコタツを組んでのセッション、芸能山城組と参加者が一体となっての祭りの創作、故・小泉文夫氏が指揮しての参加者全員によるケチャの合唱など、従来のシンポジウムにはない遊び心にあふれた試みが数多く登場しました。