活動内容

日本文化デザイン会議

'84 札幌 テーマ「インター思考の時代」
'84 札幌
テーマ「インター思考の時代」


■会期 - 1984年10月19日(木)、20日(金)
■講師数 - 74名
■参加者数 - 約12,000名
シンボルマーク

議長 - 高階秀爾
副議長 - 堺屋太一/竹山実/小池一子
テーマ委員長 - 粟津潔
事業委員長 - 榎本了壱/北本正孟
広報委員長 - 草柳大蔵
渉外委員長 - 合田周平
総務委員長 - 馬場璋造
制作委員長 - 坂根進

分科会に加えて、夜楽講が登場したのがこの会議。かつて新渡戸稲造、有島武郎などが札幌で「遠友夜学校」という塾を開いていたことにならったものでした。
ヒザをつき合わせて、軽い飲みものや食べものを楽しみながらのリラックスした雰囲気は、「文化は楽しいもの、そして真実は笑いながら語るもの」という日本文化デザイン会議の姿勢を明確に形として示したものといえるでしょう。