活動内容

日本文化デザイン会議

'90 豊田 テーマ「WAY? 道×楽 道を感じる・道を楽しむ」
'90 豊田
テーマ「WAY? 道×楽 道を感じる・道を楽しむ」


■会期 - 1990年9月21日(金)、22日(土)、23日(日)
■講師数 - 150名
■参加者数 - 約42,195名
シンボルマーク

議長 - 中沢新一
副議長 - 三枝成彰/杉浦日向子
プログラム委員 - 伊東順二/榎本了壱/大須賀勇/三枝成彰
事業委員 - 北本正孟/残間里江子/シー・ユー・チェン
渉外委員 - 大須賀勇/黒川雅之/三枝成彰
広報委員 - 残間里江子/シー・ユー・チェン/杉浦日向子
制作委員 - 榎本了壱/松永真

90年代最初の会議は「道」をキーワードに開催されました。メイン会場の豊田市は世界を代表する「クルマのまち」、分科会が開かれた足助町、小原村は木工、和紙など、わが国の高い水準の技術、文化がいまに伝えられているところ。
歴史と現在の文化が交錯する土地で、日本はこれからどこに向かって、どんな道をひらいてゆくべきかが熱く論議されました。テントを使った分科会、ワールドミュージック演奏会も行われ好評でした。