活動内容

日本文化デザイン会議

'97 福井(秋) テーマ「匿名の力-未来への水源」
'97 福井(秋)
テーマ「匿名の力-未来への水源」


■会期 - 1997年11月7日(金)~9日(日)
■講師数 - 138名
■参加者数 - 約117,500名
シンボルマーク

議長 - 山根一眞
副議長 - 河原敏文/北本正孟/坂村健
実行委員 - 合田周平/石井幹子/大森康宏/日下公人/黒川雅之/
松永真/山﨑泰孝

'97年は年2回開催となり、秋には福井県で開催されました。繊維をはじめ世界でトップシェアを誇る工業や、多くの伝統工芸がありながら知名度が高くない福井は「匿名性の力」を持つ土地柄です。その匿名性の力を未来にどう活かすか、具体的な産品や事例をふまえて議論が交わされました。この年の初め、日本海に大きな被害をもたらしたナホトカ号の大量重油流出事件を検証し、わが国の危機管理を考える分科会も行われました。