活動内容

日本文化デザイン会議

'98 秋田(春) テーマ「三美主義-さぁ世紀末」
'98 秋田(春)
テーマ「三美主義-さぁ世紀末」


■会期 - 1998年5月29日(金)~31日(日)
■講師数 - 195名
■参加者数 - 約100,000名
シンボルマーク

議長 - 三枝成彰
副議長 - 大友直人/竹山聖/中沢新一/松岡正剛
実行委員 - 浅葉克己/坂村健/東海林良/西川りゅうじん/日比野克彦

美人、美酒、美林という三つの美に恵まれた秋田での会議は、「美」「官能」という観点から20世紀末の文化を論じ合いました。この会議の大きな特徴は、10人のJIDF実行委員がそれぞれにコラムタイトルを決め、それを軸に全体のプログラムが構成されたことです。
長い歴史に育まれた文化、多様な伝統芸能など地元の高い文化エネルギーと会議テーマが呼応して、街全体が盛上がり、密度の濃い3日間となりました。