活動内容

日本文化デザイン会議

'98 青森(秋) テーマ「異話感の…。」
'98 青森(秋)
テーマ「異話感の…。」


■会期 - 1998年10月30日(金)~11月1日(日)
■講師数 - 148名
■参加者数 - 約35,850名
シンボルマーク

議長 - 竹村真一
副議長 - 浅葉克己/大江匡/マリ・クリスティーヌ
実行委員 - 石井和紘/内田繁/榎本了壱/大森康宏/佐原真/
千住博/日比野克彦

「文化観光立県宣言」をした青森での開催。三内丸山などの史跡に象徴される独自の歴史や文化を掘り下げるとともに、ねぶたの街での開催にふさわしく積極的に参加型のプログラムが組まれました。
さまざまな年代の市民がモデルとして参加したファッションショーは、特に大きな感動を生み出しました。また地元ゆかりの故・寺山修司が主催した劇団「天井桟敷」が15年ぶりに復活、青森の市街を実験的演劇空間へと変貌させました。