活動内容

日本文化デザイン賞

第3回 金沢 「あそびの再発見」(1982年)

 第3回 金沢 「あそびの再発見」 (1982年)


[授賞委員長] 黒川紀章
[授賞委員]  秋岡芳夫
  井上ひさし
  栄久庵憲司
  木村重信
  小泉文夫
  多田美波
  田中一光
  谷川健一
  山本七平

国際文化デザイン大賞

イサム・ノグチ 氏

[授賞理由]
「明かり」の提唱により、日本独特の「ちょうちん」を世界的に普及させた功績など、幅広い領域での国際的な創作活動に対して。

日本文化デザイン賞

坂根巌夫 氏

[授賞理由]
数多い著作活動・展覧会企画などを通して「科学と芸術の結合」という新しい視界を提示し、今後の文化デザインに大きな示唆を与えた功績に対して。


集団・日本の音(代表 杉昌郎 氏)

[授賞理由]
小学校児童を対象にした邦楽巡回演奏を行うなど、伝統音楽を現代に結びつけようとする一連の独創的音楽活動に対して。


井上房一郎 氏

[授賞理由]
工芸、芸術、哲学などの幅広い領域にわたって生活と文化の理想的なあり方を求め、文化デザインとして結実させてきた、長年にわたる功績に対して。

地域文化デザイン賞

知床百平方メートル運動(北海道 斜里町)

[授賞理由]
現代における人と自然の関わり合いを、わが国初めてのナショナル・トラストとして開花させ、全国的な共鳴を得るに至らしめた画期的な文化運動に対して。


宇部市

[授賞理由]
灰色一色の工業の町からの再生を目指して、市民の生活意識に根ざしたユニークな社会・文化運動を展開し、「自然と人間と芸術が調和した町」への転換を成功させたその功績に対して。

企業文化デザイン賞

近畿日本ツーリスト(日本観光文化研究所)

[授賞理由]
日本観光文化研究所の創設以来、観光文化という新しい視点からの自由で幅広い活動を支援し、育ててきた功績に対して。